読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告で減価償却の終了した固定資産の処理

青色申告 個人事業主

やよいの青色申告で、H26年度の帳簿を締めて、新年度の繰り越し処理を行った。

 

その時、開業費を一括で償却したはずなのだが、新年度のほうで固定資産一覧をチェックすると前年度に償却完了した固定資産(私の場合は開業費)が一覧に残ったままになっていた。

 

期首帳簿価額はゼロ円で、償却累計額も取得価額に等しくなっているので、計算上は問題ない。

やよいの青色申告では、減価償却の終了した項目を自動で削除はしないようだ。

 

これは削除してよいのだろうか?

 

新年度の青色申告では、決算書に記載する必要はないので削除してよい。

ただし、減価償却が終わったからと言って廃棄するわけではない。

機械の場合は壊れるまで使い続けるのだから、もし税務署の調査が入った時、それを証明するために管理台帳か明細を残す必要があるだろう。

 

記憶に頼らず、棚卸表と同じようにExcelで一覧表を作成して管理した方がよい。

 

やよいの青色申告での、減価償却の終了した項目の削除方法は以下の通り。

・メニューバーの「拡張機能」をクリックし、「固定資産管理」の「固定資産一覧」を選択する。前年度で減価償却が終了した項目(期首帳簿価額がゼロ円のもの)を選択して、「削除」ボタンをクリックする。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です