読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告での現金収入の仕訳-------はじめて領収書を発行した

電力計測データの電気工事の社長に呼び出された。

 

またサラリーマン中の時間帯に電話してきた。

前回はサイレントモードを忘れていたが、今回は大丈夫だった。(^_^;;;

用件ははっきり言わず、会社に来るように言われて、切られた。

 

建築や電気関係の仕事に就いている人はぶっきらぼうな人が多い。

仕事のやり方が現場主義というか「その場主義(その場しのぎ)」で、とにかく現場で会ってから何事も始まるという傾向がある。

 

会社が終わった後、できるだけ早めに訪問した。

 

すぐに封筒を出してきて、領収書をくれという。

支払いならそう言ってくれないと、普通は領収書を持ってこない。

今までの経験である程度予想していたので、複写の領収書を持ってきて正解だった。

 

「現場主義」の人たちは、そういうことに気が回らない。

先日請求書を送付したばかりですぐ払ってくれるのだから、社長さんも気を使ってくれているのだが、その表し方が独特だ。(^_^;;;

 

事務所名・連絡先入りのゴム印と事務所名印を領収書に押印し、宛名と金額を手書きで記入した。

額面金額が5万円以下なので、収入印紙は必要ない。

 

はじめてゴム印と事務所名印を使うことができた。

まるで会社を経営しているようでウレシイ。(T^T)

 

やよいの青色申告に入力しなければならないが、現金受け取りなので簡単だ。

・メニューバーから「帳簿・伝票」をクリックし、「売掛帳」を選択する。「補助科目」で会社名を選択し、今日の日付を入力する。「相手勘定科目」に”現金”を選択し、「摘要」に”掛代金回収(会社名)”と入力する。「回収金額」に受け取り金額を入力する。

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です