読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

デジ像メディアプレーヤーが便利だった

出来事

今までずっとHDD再生のメディアプレーヤーが欲しいと思っていたが、購入したことはなかった。

理由は、メディアプレーヤーで使用するHDDが、FAT16/FAT32形式かexFATの形式でフォーマットしてないと認識しないという制限があったからだ。

自分はずっとHDDをNTFS形式でフォーマットしていたので、わざわざバックアップしてフォーマットし直してから、ファイルをまた戻すのが面倒臭いというのもあったし、今さらFAT形式に戻る気持ちもなかった。

すっかり諦めていたのだが、最近何気なくAmazonのお勧め商品を見ていたら、メディアプレーヤーが表示されていたので、内容を見ていたら、なんとNTFS形式にも対応していたので、勢いで購入してしまった。(近くの電器店で ^_^;;;;)

 

はじめて買うメーカーのもので、デジ像 PAV-MP2YTというやつだ。 

プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT

プリンストン デジ像メディアプレーヤー2 PAV-MP2YT

 

 

USB外付けHDDをUSBケーブルで接続するとNTFS形式を認識して、再生もしてくれた。

また、有線LANにも対応していて、デジ像に接続したUSBのHDDはネットワークでファイル共有もでき、Windowsパソコンの”ネットワーク”で認識されて、パソコンから動画ファイルを追加したり、容量が足りなくなれば、削除することもできる。

ただし、デジ像のLAN端子は100BASE-TXなので、4GBのファイルを転送するのに10分かかる。平均転送レートは7MB/秒くらいだった。

もっとも、USB外付けHDDなので、ファイル更新する時はパソコンに接続し直してUSB3.0接続した方が圧倒的に速い。(デジ像はUSB2.0

 

リモコンもあるし、とても便利に楽しめるようになって、嬉しい。

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です