読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

思わぬ申し出

昔、お世話になった社長から思わぬ申し出があった。

 

何年もお会いしていなかったが、電話があり、話しをしたいとのことだった。

なぜか私が個人事業主の届けを出したことを知っていた。

 

私はサラリーマン兼業なので、会社にもまだ秘密なのに、いったいどこから噂をきいたのだろうか?

まさに「壁に耳あり」だ。このままではいずれ会社にもバレるだろう。

別にバレても困らないが。

 

その人は、電気工事関係の会社を経営していた。

事務一人と技師一人の、ほとんど個人株式会社だった。

もう高齢で昔ほどバリバリ仕事はできないので、従業員だった人に事業の一部を譲渡して独立させ、現在は30年来のなじみの顧客の仕事だけを一人で可能な範囲で請け負っている。

その会社を買わないかという申し出だった。

 

まだ利益の出てない状態なのに、借金をして会社を購入するわけにはいかない。

断るしかないのだが、世話になった人の話を無碍にするわけにいかず、今はまだサラリーマン兼業なので考えて見ます、とだけ答えた。

 

今回の件で留意しなければならない点がいくつかある。

・株式会社だが、大きな負債・借金があるかもしれない。

・高齢で老後資金が必要なはずで、割高な金額を提示されるかもしれない。

・その他、株式や権利も全て譲渡してもらえるのか不明。

 

いずれにしても、その会社の資産状況などを調査しないかぎりは、危険である。

でも、その前に買い取るお金がない。(爆笑)

調査するまでもなく、断るしかないのだ。

 

事業を始めると、いろいろな勧誘がくるとは聞いていたが、その手始めが知人からくると結構嫌な気分になるものである。ただ、今回については、高齢で事業継続が困難になってきている状況なので、親切心で申し出てくれたのかもしれない。

 

「法人成り」できる状況になっていれば、事務所が必要なので考慮の余地はあったが、タイミングが悪い。

 

その人の気分を害さないように、どうやって断るか頭を悩ませている。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です