読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

サーキュレーターを買ったが、少し失敗したかも・・・・・・

最近、冷房をつけるかどうか微妙な日が続いていた。

私の場合、外気温が摂氏三十度ちょっとなら、扇風機と窓を開けて風を通しておけば、暑さは気にならない。風通しが良ければ、室内温度より、体感温度は低く感じているからだと思う。

エアコンを使わなければ、電気代もかからない。

 

何かいい方法がないかと、ネットを見ていて、扇風機とは違うサーキュレーターというものがあることを知った。

サーキュレーターは主に、直進力の強い風を起こして、室内の空気を循環させて、熱溜まりをなくすことができるとのことだった。普通の扇風機は風が拡散していってしまうらしく、 身体に風を当てるにはいいが、室内の空気を循環させることには向いてないらしい。

うまくいけば、室温を五度くらい下げることができると書いてあった。

 

値段を確認すると、数千円程度のもので、扇風機をもう一つ買うつもりで買ってみてもよいと思った。

 

さっそく機種を調べてみたが、首の動かない固定式が二千円で安かった。首を振るタイプは四千円弱だった。扇風機のイメージで首振りを買った。部屋が小さいので8畳用を買った。 

 

さっそく、届いたものを使ってみたが、室内に対流を作るなら、固定式でじゅうぶんだったとわかった。首を振ると、対流が拡散してしまい、空気の流れをうまくつくることができなかった。 

 

また、天井の熱溜まりを拡散しようとしたが、

私の購入したサーキュレーターは8畳用の小型のもので、五メートル先くらいまでしか風の波を体感できず、天井に対流ができているのかどうかもよくわからなかった。これでは循環力も拡散力もたかがしれているだろう。室温が下がったようにも感じなかった。

大は小を兼ねるで、20畳用のパワーのあるものを買うべきだったと、後悔した。 

 

サーキュレーターは換気扇代わりに、窓から部屋の暑い空気を排出するためにも使えると、書いてあったので、それも試してみた。

これも8畳用のパワー不足のためか、体感できるほどの効果は感じなかった。つくづく、20畳用を買うべきだったと後悔した。安物買いの銭失いだ。

まあ、ダメ元で、試しに買ったので仕方がないが、この夏の間は第二の扇風機として使うことにした。

  

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です