読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告での自動車税の還付金の仕訳

自動車を買い替えして、前に使っていた車を廃車にした。

今年の5月に自動車税を納めていたのだが、先日その自動車税の5ヶ月分が戻ってくるという通知が郵送されてきた。払い戻し用銀行払い戻し用紙と還付内容の明細だった。

還付されるとは思っていなかったので、年末の思わぬお小遣いに喜んだ。

すぐに銀行に行き、14,400円の還付を受けた。

 

私は自動車も事業用として青色申告しているので、この還付についても仕訳入力しなければならない。

5月に自動車税を払った時は、「租税公課」の「自動車税」の補助科目で仕訳したので、同じ科目で仕訳入力する。経費金額はマイナス値で入力する。

(もし自動車関係の保険料や税金を「車両費」の科目として仕訳している場合は、「車両費」で還付金も仕訳入力すること) 

 

やよいの青色申告での入力は以下の通り。

・メニューバーの「帳簿・伝票」の「経費帳」を開き、”勘定科目”で「租税公課」を選択する。補助科目は「自動車税」とし、相手勘定科目で「現金」(自分のお小遣いにした場合は「事業主貸」)に設定し、摘要に「自動車税還付金」などと入力する。経費金額はマイナス値で入力する。

※※※

 ただし、ほとんどないケースだと思うが、税金関係の還付金に”利息”が上乗せされて返金されることがあるらしい。その場合、利息分は収入として課税対象になる。今回は払った同じ年度ですぐ還付されたので、利息は関係ないらしい。人為的ミスや審査などで、手続きや行政処理に長期に時間がかかった場合に発生するらしい。

 還付金の明細を見れば、利息が上乗せされているかどうかは確認できる。

 その場合、利息分は「雑収入」として仕訳入力する必要がある。

※※※

 

やよいの青色申告 16 通常版(新消費税対応版)

やよいの青色申告 16 通常版(新消費税対応版)

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です