読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

確定申告書と青色申告決算書を提出してきた

確定申告 青色申告 個人事業主 FX

今日は有給休暇をとって、確定申告の書類を提出しに行った。

 

私の住む町では、税務署では確定申告を受け付けてくれない。

この時期だけは、地場産業センターとかいうハコモノで説明会と受付を行っている。

 

場所は街の中心部から離れているので、自動車で行くしかない。

朝 の10時くらいに到着したが、満車のため警備員の指示で待たされてしまった。

それでも3分ほどで、無舗装のデコボコ駐車場に入ることができた。

 

建物の中央出入口には、無機質な展示場に民芸品とか土産物サンプルが陳列されている。

税金のことしか頭にない人々は目もくれずに通り過ぎる。

一年に一度しかないお披露目の機会も無駄に終わりそうだ。

 

エレベータで3階の受付会場に直行。

書類の受付会場には誰も並んでいない。

 

不思議だ。

あの駐車場の車の多さは何なのだろうか?

年金生活の申告者が説明会と無料の税理士相談で長居しているのかもしれない。

余りある時間をもてあましているのだろうか?(^_^;;;

 

「こちらへどうぞ~~」

受付の女性が元気よく、私を呼び寄せた。

確定申告書と青色申告決算書、源泉徴収票・生命保険控除証明書を糊付けした台紙を渡した。

コピーした確定申告書と青色申告決算書も別に用意していた。収受印を押してもらうためだ。分かってくれているとは思うが、口頭でお願いした。

 

彼女は書類の種類と枚数しか確認しなかった。

FXの分離課税分が事業所得として認められなかったらどうしようかと心配していたのだが、杞憂に終わった。

すぐに確定申告書と青色申告決算書の控え(コピー)に押印をして返してくれた。

「振り込みは一ヶ月半後となります」

彼女はそう言った後、列の次の人を目で探したが、いるはずもない。

 

受付にかかった時間は、2分弱だろうか?

駐車場から出るときは、警備員に止められることもなく、スムーズに出ていけた。

 

これでFXも含めて青色申告はOKだと理解していいのだろうか?

後でクレームがくるかもしれないが、もはや待つしかない。

7年間連絡がなければ、OKということで・・・

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です