読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告でのGoogle Adsense広告報酬の入力

珍しくGoogleから通知メールが来ていた。

 

Google Adsense広告の報酬額が基準額に達したようで、報酬額を登録銀行口座に振り込んだという内容だった。

 

Amazonアソシエイトもそうだが、デザイン性のない殺風景なブログに”枯れ木のにぎわい”としてGoogle Adsenseを表示させていた。

自動で商品画像が変わってくれるので、不精な私には楽に思えたのだ。

 

期待はしていなかったが、放置しておいてもお金になることがあれば儲けものという気持ちだった。(実際は一年以上で、やっと基準額になる程度)

アフィリエイターはこれで生活しているのだから、凄いことだ。

ただ並大抵の努力ではアクセスを集められないようだから、投入した労働力に見合った収益があるかどうかが問題だ。

私の場合、無努力で小遣い銭が入ったのだから単純にウレシイ。(^_^;;;

 

やよいの青色申告での入力は以下の通り。

・メニューバーの「帳簿・伝票」をクリックし、「預金出納帳」を選択する。勘定科目に「普通預金」を選択し、補助科目にお支払口座を指定する。日付に入金日を入力し、相手勘定科目に「雑収入」あるいは「売上高」(※※事業としてアフィリエイトをしている場合)を入力する。「摘要」に”Google Adsense報酬の振込”と入力し、「預入金額」に入金された金額を入力する。

 

Google Adsenseの見積収益額を「売掛金」の補助科目で「Google Adsense」を作成している場合、「売掛帳」でも入力することができる。

その場合、毎月の見積収益額を「売掛帳」に「売上高」として入力する必要がある。入金が発生した時に入金の仕訳を入力する。

 

・メニューバーの「帳簿・伝票」をクリックし、「売掛帳」を選択する。補助科目に「Google Adsense」を選択し、相手勘定科目と相手補助科目にお支払口座を指定する。日付に入金日、「摘要」に”Google Adsense報酬の振込”と入力し、「回収金額」に入金された金額を入力する。

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です