読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

ねずみ戦争再び

週明けの月曜日の夜。

冬の寒さに身を縮めながら事務所に入った。

エアコンをONにし、ポットに水を入れコンセントをつけた。

暖かくなるまでしばらく待つしかない。

 

パソコンの電源を入れ、起動するまで何も考えず、モニターを眺めていた。

 

部屋の隅の方で、かすかな気配を感じた。

特に何かがあるわけはなく、床に接着剤のついたシートが置いてあるだけだ。

モニターに視線を戻したが、なんとなく気になって、再び隅の方を見てしまった。

 

すぐには気付かなかったが、ねずみ捕獲シートに、濃い灰色の大きなシミ状の汚れが

あるのに気付いた。

近視なので、はっきり見ようと椅子を近づけた。

ねずみが2匹へばりついていた。

シートに大の字で密着していて、遠目では気付かなかった。

 

今日かかったというより、人の気配のない日曜に蠢いていてたのだろう。

どうすればいいのか?

自分では処分する勇気が持てないし、どこに捨てればよいのだろう?

燃えるごみ?

 

もはや仕事どころではない。

住居の衛生維持管理は、大家の義務だ。

大家さんに電話すると、明日来ると言う。

 

次の日の夜。

大家さんが事務所の前で待っていた。

勝手に鍵をあけて処分してくれると思っていたが、そういうわけではないようだ。

 

一緒に部屋に入り、確認してもらった。 

大家さんいわく、まだ2匹でシートの接着面に空きがあるから、このまま置いておこうという。

 

とんでもない。

私が事務所で仕事をしているそばで、苦しそうにへばりついているねずみがいる。

気が散って何も手がつかないし、このままネズミが死ねばひどいにおいがするし、今度は虫がたかるだろう。

 

表立って文句を言うのは避けることにして、都会育ちの私はこういうのに慣れていないと言った。(いい歳した男としては情けない発言だが)

 

大家さんはすこし馬鹿にしたような表情をしたが、ぶつぶつ言いながら片付けてくれた。

 

家賃が安いのがこの事務所のメリットだが、ねずみが跋扈するようになったら、ここを引き払うことも考えなければならない。

電線や光ファイバー線を噛み切られたら大損害になる。

 

いとうたかおのマンガで「サバイバル」というマンガがあった。

主人公はねずみに追い詰められて、住処から追い出されるシーンがあった。

 

私も似たような状況に追い込まれ、事務所を棄てることになるのだろうか?(ToT;;;;

とりあえず、「自費で買った」ネズミ捕獲シートを同じところに置いておいた。

 

シンセイ 強力ねずみ捕り 10枚入

シンセイ 強力ねずみ捕り 10枚入

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です