読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

にわかパソコン教室-----ご近所さんには見られている!?その2

出来事

土曜日。

ひとりで孤独に仕事をしていた。

 

夕方近くなると疲れが溜ったのか、コーヒーを何杯飲んでもテンションが上がらなくなった。

気晴らしに階段を上り下りして運動しようと思った。(外は冬の寒さで出たくない)

事務所を出て、階段を下りた。

下に足がついたところで振り返って、階段を上がろうと足をあげた時だった。

 

倉庫の出入り口のドアがいきなり開いて、人が入ってきた。

大家さんではない。

ここは私有地で他人が勝手に入ってよいわけはない。

 

相手は私をみると声をかけてきた。

「また、わからないことがあるので~~」

 

その人は以前、「マエダさんに聞いてパソコン修理を頼みに来た」人だった。

今度は中学生の娘さんもいっしょだった。

 

このオバサンは不意打ちが得意なようだ。

私の弱点をよく知っている。(^_^;;;

 

しどろもどろの私は断ることもできず、にわかパソコン教室を開催するはめになってしまった。 

 

とりあえず、事務所に入ってもらった。

2人分の椅子がなかったので、自分の仕事用を使ってもらった。

前回と同じくノートパソコンを起動してもらい、どういった現象か尋ねた。

 

今回は中学生の娘さんが、説明してくれた。

Windowsの言語バーが表示されないらしい。

あと、日本語入力が「かな入力」になって、ローマ字入力ができないらしい。

 

たしかに画面下のタスクバーのところにMS-IMEのアイコン類が表示されていない。

こういうときは「コントロールパネル」をさがせばよい。

滅多に使わない機能なので、さがすのに時間がかかったが、ちゃんと元に戻った。

 

こういう簡単なことは、インターネットで検索すればすぐにわかる。

自宅にインターネット回線を引いた方がよいと、それとなく勧めた。

(私も助かる)

 

今回、オバサンは料金のことはひとこともいわずに御礼だけ言って、出て行った。

私は、彼女たちの背中を見送るだけだった。(ToT)

 

もはや完全に近所から「パソコンに詳しいお兄さん」に認定されてしまったようだ。

独立開業は遠い未来だ・・・・

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です