読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告でのワープロ入力収入の仕訳

大家さんの紹介で、ワープロ入力を頼まれた。

近くのお寺の檀家の名簿だった。

 

日本人にとって、お寺はお盆の時と人生が終わった時にしか用がない。

檀家としてきちんと活動するのは、自由な時間があるお年寄りだけだ。

そのため高齢化が進んでいて、取りまとめの人がパソコン・ワープロができないらしい。

 

今までは、家族や知り合いに頼みこんで、厭々ながらやってもらっていたらしい。

近所にパソコンに詳しいお兄さん(?)がいるので、頼みに来たということだ。

 

特に図形や装飾が必要ない名簿だったので、そのまま1時間ほどで入力・印刷して、大家さんに渡した。

数日後、封筒に入った千円札を渡された。寸志ということだろう。

 

それでも、私は個人事業主なので青色申告の対象になる。

 

以前にもホテルのパソコン・メンテナンスをしたときに、現金で日当をもらったことがあるので、それと同じ入力をすればよい。

 

やよいの青色申告での現金報酬の入力方法は以下の通り。

・メニューバーの「帳簿・伝票」をクリックし「現金出納帳」を開く。

・相手勘定科目に「売上高」を入力、相手補助科目は「指定なし」を設定。摘要は「11月XX日ワープロ入力作業」とし、収入金額に1,000円を入力する。

 

今回は、一回限りの顧客なので、相手補助科目を新規作成しなかった。

定期収入が見込めるなら、相手補助科目を顧客名で作成したほうがよい。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です