読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

ねずみ戦記

出来事

サラリーマンの仕事の後、夜7時ころ仕事をしていた。

だれもいない廃屋の2階の事務所は、とても静かだった。

遠くから家族団欒の声や自動車のクラクションが、遠吠えのように細く響いてくるだけだ。

 

静けさを破るように、壁の向こうで何かが這いまわる音がした。

仕事の手を止めて壁の方を見た。

音は止んでいた。

気のせいかと思い、仕事を続けていた。

 

しばらくすると、また音がした。

天井裏からだ。今度は鳴き声も聞こえた。

 

ねずみが駆け回っている。

入居するときに、バルサンとネズミ忌避剤を焚いたのに、戻ってきたのだ。 

ネズミ一発退場

ネズミ一発退場

 

 

1階の倉庫は大家さんが畑で作った作物が置いてあるし、2階の別の部屋(私が利用できる契約なのだが)にも、ゴミが散乱しており、ねずみには格好の冬越し場所だ。

大家さんがいっこうに処分しないので、冬を前にしてねずみが戻ってきたのだろう。

 

集中できないので仕事を切り上げることにして、大家さんにねずみがいることを電話で伝えた。

 

次の日、大家さんはネズミ捕りシートをあちこちに仕掛けた。

大家さんに言われたわけではないが、2階の方は自分で購入してネズミ捕りシートを置いておいた。 

自分の身は自分で守るしかない。他人(大家さん)を当てにしていては何も進まない。

 

翌日、大家さんのシートで5匹捕まった。私のシートにはかかっていなかった。

大家さんが大げさに戦果を報告してきて、ねずみの悪賢さをさんざん非難する。

 

でも、2階の不用品とゴミを片付ける気はないようだ。

私はこれがねずみが居ついてしまう原因だと思っている。

”ねずみ戦争”の根本原因を断ち切ってくれれば、安心できるのだが・・・・

 

そういえば、捕獲した”捕虜”の処分はどうするのだろうか?

不燃ゴミでもないし、生ゴミだろうか?

 

ベテランの大家さんの答えは明快だった。

「焼却炉でごみと一緒に焼く」

火焙りか・・・

 

昔は川に行き、橋の上から落としていた。

水責めか・・・

意外と軽くて水に沈まず流れて行ったので、ゴミを捨てたみたいで嫌な気がしたのでやめた。

 

あとは畑の端の方に穴を掘って埋めたこともある。

生き埋めか・・・

いつのまにか犬か猫かが掘り返して、悲惨なことになった。

 

はじめて焼却炉で焼いたとき、着火剤を使わずに普通のゴミみたいに火をつけた。

不完全燃焼でうまく焼けてなくて、そりゃもう大変だった。

ねずみも苦しんだのでは・・・

 

”ネズミ戦争”は泥沼化の様相を帯びてきていた。

 

次の日も、大きめのシートにちっちゃいねずみが1匹かかっていたという戦果報告があった。

 

大家さんいわく、そのシートはまだ大きな空きがあり、もったいないからそのまま仕掛けているという。

ベトナム戦争の映画で見たことがある、負傷兵を殺さず生殺しにして、助けに来た仲間を狙い撃ちする戦術か?

経済の論理が”ねずみ戦争”を惨たらしくしていく。

 

何十年も農業をしている大家さんにとって、生活がかかっている。

”ねずみ戦争”には妥協の余地はない。

 

私にとっては、あちこちかじったり糞をまきちらしたりしなければ無害である。

大家さんに2階のゴミや荷物を処分する紛争調停の提案を試みた。

大家さんは顔をしかめて、「寒くなって身体が動かない」的なことをゴニョゴニョと言ったきり、口をきいてくれなくなった。

 

我々に”ねずみ戦争”を回避することはできないのだろうか?  

理想と現実、倫理に悩みながら、”ねずみ戦争”は続いていく。

 

 

 

ちゅうかっ!!大家さん2階のゴミを片付けて~~~(ToT)/

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です