読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

信用組合の営業が来た

サラリーマンの仕事を定時で切り上げて、すぐに事務所に来た。

 

夕方6時過ぎ。また人の呼ぶ声がした。

前回は若い刑事さん。その前は、近所のマエダさんに教えられてきたオバサン(名前を聞いていなかった) 

 

今回はいったい誰だろう。

 

ドアを開けると、私よりメタボ体質な恰幅の良い中年男性がいた。

開口一番、「何度お伺いしてもお留守だったので、やっとお会いできました」と言った。

 

そりゃそうだ。夜か休日しかいない。

 

彼は”xxxxx信用組合”の名刺を差し出した。金融機関の営業だった。 

名刺には”部長代理”とある、あやしい役職名だ。(^_^;;;

年功序列のポスト不足で昇進できない、勤続年数が長い営業担当者なのだろう。

管理職というより、外回り営業で顧客を囲い込むのが仕事だ。

 

おそらく日頃から日中営業回りをしているときに、表札やポストなどをチェックしていて、引っ越しや開業・廃業などを調べているのだろう。

 

私は開業して事務所を持っていることは秘密にしていても、ポストに事務所名は書いている。(郵便が届かなくなってしまうから)

地域密着の金融機関は、足で情報を集めるとは聞いていたが、本当のようだ。

 

8月に事務所が入ったことを見つけて、何度訪問しても無駄足になっていた。

勤務が終わったあと帰宅途中に覗いてみたら、私が偶然いたということかもしれない。

取引になるとは思ってないだろうが、新規を必ず訪問する熱意はあるようだ。

 

銀行営業の決まり文句をひととおり聞いた。

融資の必要性の有無。融資のための銀行口座の開設。ローンのご相談についてなど。

 

冗談で「借金のかたになるものは何もないんだがな~」と私は言った。

彼は年季のはいった愛想笑いをした。

 

名刺を求めてきたので、努力に報いてあげた。

名刺がたくさん余っていたというのもある。

勤務している会社とは取引のない銀行なので、よほどのことがなければ会社にはばれないだろう。

 

時間外に訪問したことを何度も詫びるので、こちらもすまない気分になった。

「今は動かせるお金がないので、お金に困るようになったら連絡しますよ」と言った。

そんな人間に用はないだろうが、また深くお辞儀をして帰って行った。

 

はじめての「金融機関とのお付き合い」であった。(^_^;;;;

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です