読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

警察の事情聴取を受けた?

出来事 個人事業主

警察の事情聴取を受けた。というのは嘘で、刑事さんが事務所にやってきて、話を聞かれた。

 

今日は日曜日だが、昨日事務所に忘れ物をしたので、取りに来た。

ついでにネットサーフィンとか本を読んだりしてダラダラしていた。

さすがに日曜まで仕事をする気になれない。

 

お昼前に、 昨日と同じく1階の出入り口から呼び声がした。

さすがに今日は無視することなく、下に降りて行った。

 

眼鏡でスーツとネクタイをした男性が立っていた。

大家さんはいないことを伝えて追い返そうとしたが、話を聞きたいという。

「今は 忙しいのでまた今度に」と言って、逃げようとした。

貴重な休日は、有効に使いたい。

 

男性は手帳を出した。

なんと警察ではないか!!

 

そこから職務質問(?)が始まった。 

高圧的ではないが、ちょっと上から目線のような感じだ。

 

ここで何をされているのですか?

「 上に事務所があるので・・・」

会社にお勤めではないのですか?

「勤めてますが、今日は休みです」

どこの会社ですか?

一瞬躊躇したが、正直に答えるしかない。

「株式会社xxx、です」

ここの会社名は違う名称ですね。なぜですか?

(サラリーマンをしながら個人事業をしていることを説明したが、うまく伝わらず長話となった)

お住まいはどこですか?

「xx町です」

 

その他、家族構成やら出身校なども訊かれてしまった。

いったい何なのだろう。

ご近所さんに不審者として通報されたのだろうか?

 

ひと通りの「尋問」が終わった後、事情を説明してくれた。

夜明け前に、すぐ近くのコンビニに強盗が入ったという。

強盗は二十歳くらいの若い男だ。

近所に心当たりの人物がいないか探しているという。

 

じゃあ、私の勤め先や出身校なんて関係ないではないか?

不要な個人情報を訊いて、何を知りたかったのか?

 

「何か情報がありましたら警察に教えてください」

決まり文句を残して、男性は出て行った。

しばらくして、お隣のチャイムが鳴るのが聞こえた。

 

今回も全くの「不意打ち」である。

冷や汗ものだ。

 

犯人でないのは分かっていたのだろうが、潜在的な不審者として「探り」を入れられたような気がする。

それでも、警察に訊かれたら答えざるをえないし、警察に事務所と個人事業のことがばれてしまった。

 

警察から会社にばれないことを祈ろう。(^_^;;;;

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です