読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

Amazonプライム年会費が返金されていた。やよいの青色申告での仕訳はどうなる?

クレジットカードのWebサービスで引き落とし明細を確認した。

 

すると、先週解約して返金されることになっていたAmazonプライム年会費が返金されていた。

 一回払い扱いで、ー3,900円になっていた。(^_^;;;

 

引き落としで、マイナスの金額が登録できるのだ。はじめて知った。

リボ払いのときもマイナス引き落としできるのだろうか?

(どうでもよいことだが)

 

ここで少し考え込んでしまった。

相殺されて引き落としはないが、青色申告でこれは帳簿付けしないといけないのだろうか?

入力するときの仕訳はどうすればいいのか?

 

今回は、タイミングの問題で、同一の引き落とし月で一緒に処理されている。

しかし、人により年会費の引き落としと返金が1カ月ずれる場合もあるだろう。

お金の動きを全て帳簿付けする原則から、やはり入力は必要だろう。

 

やよいの青色申告を起動して、「未払金帳」を開いた。

Amazonプライム年会費は、「支払手数料」の仕訳を用いたので、今回の返金も同じ「支払手数料」の仕訳にし、「購入金額」を”ー3,900”と入力した。 

 

Web明細の一覧に一致しているのだから、大丈夫だろう。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です