読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

祭日なので事務所で個人事業の仕事をして、とりの唐揚げ店に行ってみた。

個人事業主

秋分の日でサラリーマンの仕事は休みだが、個人事業の方の作業がちっとも進んでないので、朝から事務所に「出社」した。

 

電力計のデータ取り込みは早朝で終了。

データを報告書の形にまとめなければならないという仕事もある。

 

電気工事店の社長の予想に反して、電力量は少なめだった。

夏のエアコンを使用する時期を外れてしまったことが痛い。それに最近の家電製品は「エコ」が合言葉になっており、節電機能が進んでいるようだ。

 

残念ながら、電線の取り換え工事の話はなくなりそうだ。

私は報酬がもらえるのでいいのだが、大きな仕事のお手伝いをしたいという思いもある。

 

昼食は、以前の記事に書いた新規オープンのとりの唐揚げ店で買うことにした。

前回行った時は定休日で買えなくて、そのままだった。

 

駐車場に車を停めて、恐るおそる中を覗いてみた。

40歳代の女性二人が椅子に座っていた。待ち客だろう。

カウンターに若い女性がたっていて、私を見つけると「いらっしゃいませ」と声をかけてきた。

 

何を注文するか迷ったが、唐揚げ6個とフライドポテトのセットにした。

日替わり弁当もあるようだが、唐揚げの味を知りたかったので、弁当はやめておいた。

 

作り置きはしていないようで、揚げ終わるまで10分ほど店内の椅子に座って待っていた。

 

その間、他のお客は来なかった。

祭日だから、サラリーマンとかは来ないのだろうか?

 

からあげ専門店といいながら、何気に手作りコロッケや手作りエビフライ、手羽先なども単品で販売していた。

ご近所さんの夕食の需要を狙っているのだろうか?

さすがに唐揚げだけでは商売が難しいと思ったのかもしれない。 

 

メニュー板には、「こだわりのキミセ醤油」で鶏肉も米も国産だと書いてある。

そのためか値段は少し高めに感じた。

 

個人事業主としての興味で話しかけようとも思ったが、カウンターの女の子はアルバイトか奥さんのような感じがした。

店主は奥で唐揚げを揚げているのだろう。

 

店内の飾りや小物はホームセンターや業務スーパーでそろえたもので、カラープリンターで作成した写真やシールを張っていたりして、手作り感いっぱいだ。

 

唐揚げを受け取って、車で食べた。

味は・・・・・・・

グルメでないので、「こだわりのキミセ醤油」の違いがわからない。

しかし、揚げたてなのでアツアツなのは良かった。

 

メタボ体質なので、油物は避けなければならないのだが、祭日の「出勤」のときにまた様子を見にいくようにしよう。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です