読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告での電話機・複合機・無線LANルーター・配線工事の仕訳

事務所のひかり電話を依頼した電気工事会社から、請求書が届いていた。

 

はじめて届いた郵便が請求書だった。(^_^;;;

 

確か月末締めと言われたはずなのだが、勘違いだったのだろうか。

どちらにしろ払わないわけにはいかないので、やよいの青色申告を起動して経費入力をすることにした。

 

それで困ったのが、仕訳の入力と金額の入力だ。

電話機・複合プリンター・ルーター・配線工事がまとまって”一式”となっていて、消費税が外税になっているのだ。個別の項目に分かれていない。

 

いままで内税ばかりの入力しかなかった。

項目ごとに仕訳入力する場合、消費税をどうすればよいかわからなかった。

 

電話機・複合プリンター・ルーターは、合わせても10万円以下なので消耗品費でよいだろう。補助科目の「事務所備品費」が使える。

問題は配線工事の仕訳がどうなるかだ。

 

実際の作業は、電話機と複合プリンターの接続確認、パソコンとルーターの間をLANケーブルでつなぎ、ステップルやモールで固定する作業だった。

修繕費ではないし、機械の納品での付随作業でしかない。

 

ネットで検索すると、工事費を含めた「建物付属設備」という「固定資産」として計上して、15年に分けて減価償却するのが正しいらしい。

事務所の照明器具やサーバーを含めたシステムの設置の場合も、この「建物付属設備」で仕訳入力することもわかった。

ただし、全体の総額が10万円以下なら「消耗品費」の仕訳でよいことが分かった。

今回は、「消耗品費」で入力することになる。

 

やよいの青色申告での入力は以下の通り。

・メニューバーの「帳簿・伝票」をクリックし、「未払金帳」を選択する。

・「日付」に請求書の発行日付を入力し、「相手勘定科目」で「消耗品費」を選択し、相手補助科目に「事務所備品費」を選択する。摘要に「事務所工事(電話機・複合機・ルータ・配線工事)」と入力し、「購入金額」に請求額を入力する。

 

請求を支払ったら、同じく「未払金帳」を開き、

・口座振り込みした場合は、「日付」に振り込み日を入力し、「相手勘定科目」で「普通口座」を選択し、相手補助科目に銀行名を選択する。摘要に「事務所工事(電話機・複合機・ルータ・配線工事)」と入力し、「支払金額」に振り込みした金額を入力する。

・振り込み手数料が発生した場合、「経費帳」を開き、「相手勘定科目」に「支払手数料」を選択し、「摘要」に「銀行振り込み料」と入力し、「経費金額」に振り込み手数料の金額を入力する。

 

・現金で直接支払った場合は、領収書を必ずもらう。「日付」に領収書の発行日付を入力し、「相手勘定科目」に「現金」を選択する。「摘要」と「支払金額」は振り込みの場合と同様。

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です