読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

クレジットカードの勤務先を個人事業に変更してみた

私は複数の銀行口座をもっていて、それぞれ別のクレジットカードを作っている。

つまり、銀行口座の数だけクレジットカードを持っている。

 

今日もお盆なのに、ひとりで事務所にこもって仕事(?)をしていた。

人通りの少ないところなので集中して作業できるが、3時間もすると飽きて人恋しくなった。

 

無性に人間と会話したくなったが、手近に人はいないし、事務所の存在自体をできるだけ秘密にしている。

誰か暇そうな友人を呼び出そうかと考えていたら、くだらないことを思いついた。

 

クレジットカードの「勤務先」を、サラリーマンとしての会社ではなく、個人事業の事務所の方にしたら、カードが停止されるのだろうか?

 

いろいろなところで、フリーランスや個人事業主はクレジットカードを作ってくれないという話をよく聞く。あるいは、収入が不安定ということで、クレジットカードを停止されるとも聞いたことがある。

 

しかし、実際のところどうなのだろうか?

クレジットカードは、実質的に一枚以外使用していないので、それ以外は利用停止になってもかまわない。

 

息抜きをかねて、やってみた。

 

ドキドキしながら、みxx銀行で作ったセゾンカードのデスクに電話してみた。

自動音声の案内で、カード番号と暗証番号を入力させられた。

対応したオペレータに、カードを作るときに登録した勤務先を変更したい旨を伝えた。

事業所名と事務所の電話番号と今年の年収を訊かれた。

始めたばかりなのでわからないが、200万円と適当に言った。

それで終わりだった。

素っ気ない機械的な対応で審査も何もない。

私の「孤独」は癒されなかった。 

 

次に旧UxJ銀行の時に作ったDCカード

後に合併して同一銀行で口座が二つになってしまったので、口座ごと放ってあった。

ここも自動音声の案内でカード番号を入力させられた。

オペレータは若い女の子らしく、すこしたどたどしかった。

自宅の電話番号と生年月日を確認された。

しかし、やはりここも事業所名と電話番号だけ伝えればOKだった。

 

次に三xx京xxJ銀行のVISAカード

サポートデスクのオペレータに、電話での手続きはできないといわれた。

カードを作った銀行の支店に、クレジットカードと通帳とキャッシュカードと印鑑をもって行って、手続きをするように言われた。

ほかのカード会社は電話で済んだのに、厳しい。

審査をされてカードを停止されるのではないかと思った。

 

昼食で外に出るついでに、銀行に行った。

 

案内に立っている若い女の子の店員に要件を伝え、専用用紙に記入して待つ。

10分以上も待たされた。

やっと番号が呼ばれて、用紙とクレジットカード、通帳、キャッシュカードを渡した。

 

それから30分近く待たされた。

 

やはり退職して自営業だと審査が厳しいのだろうか?(実際は退職してないが)

噂通りカードを停止されるのか?

 

緊張して待っていた。

 

名前を呼ばれた。

にこやかな笑顔で、お待たせして申し訳ありせんと言われた。

なにも支障なく、勤務先変更されてしまった。

拍子抜けしてしまった。

受付の女性は、NISA口座とか投資信託とかの金融商品の勧誘をはじめた。

聞き流してパンフレットだけ貰った。 

 

今回のことで、退職したからといってクレジットカードがすぐに停止されることはないことがわかった。

 

ずっと昔、一時的に無職だった時、クレジットカードの更新で連帯保証人を求められたことがあった。

時代が変わったためか、今回は連帯保証人も求められなかった。

失業者と個人事業主は区別するようになったのかもしれない。

ボーナスが入ったばかりだったので、銀行残高がいつもより多かったことが影響したかもしれない。

 

 終わってみれば、自分でもなんと無駄なことをしたのかと思う。

 まぁ、人間と話ができて、孤独を癒すことができたのでよしとしよう。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です