読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

廃屋同然の事務所の片付けをしたら、悲惨なことに・・・・

個人事業主 起業

土曜日の休みを利用して、事務所予定の倉庫の2階部屋の片付けをした。

 

昔は工事会社の事務所として使用していたとのことで、エアコンや照明がそのまま使えるといわれていた。 確かにボロボロだが、最低限の設備は整っている。

倒産でもしたのだろうか。書類やカタログ、製図板など備品がそのままになっていた。

 

何年も放置されていた机や荷物を部屋の外に移動した。

処分は大家さんが行ってくれる予定だ。

 

ビニール袋にまとめられた荷物をどけると、そこは害虫の宝庫。ネズミやゴキブリの糞が散乱していた。

私が女性だったら卒倒していただろう。

食品でも入れていたのだろうか?

そこらじゅうに、似たようなビニール袋が多数置いてある。

 

本来こういうものの処理は大家さんがするべきだろうが、廃屋同然の建物にお金を使うことに及び腰だったので、頼むだけ無駄だろう。

なにしろ今日も私一人で片づけをしているのだから・・・

はじめから大家と喧嘩してしまうのは得策ではない。

交渉に時間を浪費するより、自分でやったほうがよいと判断した。

 

掃除道具とポリ袋を買ってきた。

埃まみれの虫の死骸と糞を、ほうきで掃いてポリ袋にいれた。

 

三流のホラー映画さながらの光景を処理したあと、改めて気がついたのが強烈な「異臭」だ。

最初は長い間掃除していなかったためだと思っていたが、虫の死骸と糞の臭いだったのだ。床にこびりついて、強烈な異臭を放っている。

これをなんとかしないと事務所として使えない。

 

自費で殺虫剤、バルサン、ねずみころりを買った。

除菌液と消臭洗剤も大量に買いこみ、水拭きモップで何度も何度も磨いた。

 

殺人的な猛暑日

まだ空調の効かない狭い部屋で、ひとり床を磨き続けた。

暑さと渇きで意識が薄れて、何度か倒れそうになった。

何度も50m先のコンビニに逃げ込んで、冷気を浴びた。 

 

夕方までかかって、何とか芳香剤で誤魔化せそうなレベルにはなった。

後はバルサンをたいて、明日の朝、続きを行うことにした。

 

これで、二万円もの予定外の経費がかかった。

物件はもっと隅々まで確認するべきだったが、礼金・敷金・保証人なしなので文句はいえない。

安いものには”理由”があるのだ。

 

これからもアクシデントがあるのではないかと思うと、暗澹たる思いになった。

あきらめなければ失敗ではない。そう自分に言い聞かせた。(ToT)

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です