読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

事務所は中古マンションにするか賃貸にするか?

 サラリーマン兼業を止めて独立した場合、事務所をもつ必要がある。

自宅を事務所にしている人が大多数だと思うが、個人的には遠慮したい。

 

自宅は私生活の場であるし、仕事とはいえ見知らぬ人が出入りしていると近所迷惑になる。(親の事業を引き継ぐなら別だが)

 電話や会社住所を自宅と同じにすると、個人情報を守るのが難しくなりそうだ。

 

だが、事務所を持つだけで維持費がかかる。

事業がうまくいっていれば問題ないが、月に10数万円はかなりきつい。

 

知り合いの社長に聞いてみたら、即答された。

「事務所は必ず必要だ。一軒家は資金的に無理だろうから、中古マンションを購入しろ」

予想外の回答だった。

 

事務所を持つ理由は、

・知り合いや業者が気軽に雑談に立ち寄れる場所が必要。

・雑談から情報を仕入れたり、仕事を紹介してもらえることがある。

・コーヒーやお茶菓子を毎回出していると、気がひけるのか細かい仕事をもらえることがある。

 

事務所を賃貸するか、購入するかは、人によって意見が割れるところだ。

賃貸を推奨する人は、

・30年ローンで借金を背負わなくてよいこと。

・場所や広さの選択に失敗したり、事業拡大・縮小などで状況が変わったら、引越しができる。

などを理由にあげる。

 

購入を推奨する人は、

・借金といっても、払えば「自分の資産」となること。

・自分の城なので安心できる。

という理由をあげる。 

 

どちらも一理あると思うが、社長さんが購入を勧めた理由は、

・賃貸は費用だが、購入は自分の資産になる。

(固定資産税・管理費なども払うことになるが、賃貸はオーナーの払う税金・諸費用も含んだ価格設定であるから、どうせなら自分のためにお金を払うべき)

・事業資金を銀行から調達する必要があるとき、夜逃げするときに持っていけない不動産は信用・担保となる。

(中小企業の社長が自社ビルを建てたがる理由でもある)

・親の遺産などで安易に独立起業する人が多いが、ほとんど失敗している。自分で借金を背負って必死に仕事をしている人の方が、大成功とはいえないが10年以上続いている例が多い。

 

社長さんからいろいろお話を聞かせてもらったが、自分では答えがでないままだった。

何とはなしに、不動産情報を検索してみた。

私の住む地方の小都市の登録情報は8件しかなかった。

しかも、どう逆立ちしても手の出せない高級な物件だけだった。

不動産情報サイトはこの程度のものなのだろう。

 

まだ先の話であるし、その時は地元の不動産屋めぐりをして探すしかない。

 

よい物件に出会えるかは運しだいだから、購入か賃貸かはその物件をみて決めるしかない。

 

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です