読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

会社が利益を出したら会長専用車庫に化けた

この数ヶ月で社員が11人も辞めたことは、以前記事として書いた。

それにもかかわらず、消費税増税前の駆け込み需要のおかげで、昨年度の会社の売上は20%以上増加したそうだ。(決算は社員に公表されないので、噂でしかないが)

 

そのためかどうか知らないが、会社の駐車場の一部をつぶして、会長専用の車庫が建てられることになった。(もちろん会社経費で)

アスファルト部分を壊す工事が昨日からはじまった。

 

一般の社員には寝耳に水だった。そんな計画があるとは誰も知らされていなかった。

 

会長の車は、もちろん外国製の高級車である。雨の日には別の(比較的)安い国産車を使う。汚れるのが余程嫌なのだろう。

 

もはや社員は諦めムード。

「備品ひとつ買うのになかなか承認されないのに、自分の買い物にはいくらでもお金を使う。社員は会長の車庫のために働いているんじゃない」という人もいた。

もちろん、表立って言えないので、陰で言うだけだが。

また退職する人が増えるのではないかと、皆危惧している。

 

そういうわけで、私のサラリーマンの給与は、消費税増税分も増えることなく、苦しい生活を余儀なくされている。

 

こんな状況で、「会社業績が上がれば、自然に給与があがる」とは誰も信じない。

利益がでても会長の私物にしかならないのは、揺るぎない事実で示されている。

 

以前「コーチング」を批判した記事を書いたが、こんな状況の会社で「コーチング」は機能するのだろうか?教えて欲しいものだ。

私には、会社に対する忠誠心はない。両親などは、それを悪いことのように責められることがある。

 

本当に私がおかしいのか、会社がおかしいのか、どちらだろう?

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です