読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

やよいの青色申告での事業主貸の処理

個人事業主に給料はありません。

でも、それでは飢え死にします。どうすればいいでしょうか。

事業用資産から生活費を引き出していくしかありません。

そのときに使用する仕訳が「事業主貸」です。

 

収益から経費を引いた純利益が、「事業主の給料」です。

「事業主貸」での資金引き出しは経費ではありません。課税対象なので、いくら領収書をもらっても経費になりません。

世にいう「節税」とは、この「事業主貸」を経費に見せかける方法のことをいうのです。

 

・やよいの青色申告では、メニューバーの「伝票・帳簿」の中の「現金出納帳」あるいは「預金出納帳」を選択します。(事業用現金から出金したか、預金口座から引き出したかでどちらかを選択します)

・「預金出納帳」の場合、 「勘定科目」と「補助科目」で、預金口座を選択します。

・「相手勘定科目」に「事業主貸」を選択します。

・「摘要」には、私の場合「事業主生活費」と入力しています。

・「引出金額」に生活費として引き出した金額を入力します。

 

「事業主貸」は、事業で利益が出ていなければ、資産の取り崩しでしかありません。

程々にしておきましょう。

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です