読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

開業届の書き方

個人事業主になるには、まず開業届を提出します。

開業届けは国税庁のホームページからダウンロードできます。

 [手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|申告所得税関係|国税庁

 

記入する情報は、以下のとおりです。

・納税地

  店舗を構えない個人事業主の場合、自分の住所を記入します。

  後で変更もできるので、あまり考えずに記入してかまいません。

・上記以外の住所地・事業所等

  店舗や事務所があるなら、その住所と電話番号を記入します。

  空欄でも構いません。後で変更できます。

・氏名・性別・生年月日

  自分の情報です。間違えないように記入しましょう。

  印鑑は認印で大丈夫です。

・職業

  「事業の概要」に関係する職種を適当に記入しましょう。

  私の場合、システムエンジニアとしました。

  アフィリエイトなら「インターネットビジネス」。楽天Yahoo!オークションをやるつもりなら「ネット販売業」など。FX取引の場合、税法上認められないことがあるようなので、「WEBサイト運営」が定番の書き方のようです。誰もチェックしません。

・屋号

  店舗の名前です。名刺を作成するときに格好がつくかもしれません。

  「斉藤酒屋」など職種がわかりやすいものや、「ティー・ピー・オー」のようなイメージ名にしても構いません。ただし、個人事業なので、「~会社」「~法人」のような名称は使用できません。

  必要なければ空欄で構いません。後で変更も可能です。

・届出区分

  今回は「開業」に丸をつけます。

  不幸にして事業をやめる場合は「廃業」。逆に法人成りして事業を発展的継承する場合も「廃業」に丸をつけます。その場合、譲渡先の会社の情報も記入します。

・開業・廃業等日

  開業日は適当でかまいませんが、開業届けは一ヶ月以内に提出しなければならないので、気をつけてください。

  私は1月1日にしました。開業を思いついたのが12月だったのと、確定申告の区切りがよかったからです。年途中での開業は、それまでの所得と分けて計算しなければならないので、面倒くさそうだったのです。2年目からは1月1日からの申告なので、関係なくなります。

・「青色申告承認申請書」又は「青色申告取りやめ届出書」

  私の場合「有」に丸しました。

  所得控除65万円を狙って、青色申告をすることにしました。

  複式簿記による帳簿付けが必要になります。(今はみな専用ソフトを使うでしょう)

  別途、青色申告承認申請書の提出が必要になります。

・消費税に関する「課税事業者選択届出書」又は「事業廃止届出書」

  年間一千万円未満売上の事業者は、消費税の納税義務は免除されるので、「無」に丸をしました。

・事業の概要

  「ITコンサルタント」、「WEBサイト運営業」「為替売買取引業」

  現在実施しているものだけでなく、将来考えている事業も記入してもかまいません。FX取引だけだと認められないケースがあるようなので、「WEBサイト運営業」が定番のようです。書類上のチェックのみなので、気軽に記入してかまいません。

・給与等の支払の状況(先住者・使用人)

  私の場合は、全て「無」に丸しました。

  奥さんの手伝いがある場合や、アルバイトや従業員を雇う場合には必要です。

・源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書の提出の有無

  私の場合は、「無」に丸しました。

  人を雇う場合は、別途申請書の提出が必要です。

 

以上で、終わりです。

近くの税務署に行って、提出すれば個人事業主になれます。

届けの控えがほしい場合は、コピーをして一緒に提出します。

 

ただし、注意点がひとつあります。

確定申告の種別を青色申告にするか白色申告かするかです。

 

青色申告をする場合は、「青色申告承認申請書」を提出します。

開業届と同じく、国税庁のホームページからダウンロードできます。

[手続名]所得税の青色申告承認申請手続|申告所得税関係|国税庁

 

開業届の提出日とは別の日に提出してもよいですが、二度も税務署に足を運ぶくらいなら、同時に提出したほうが時間を無駄にしません。

 

青色申告は帳簿付けが必須となります。今は皆ソフトで管理していると思いますので、帳簿は自動生成できます。e-TAXでネットで申告もできます。

 白色申告を選択して、収入と支出のみの確定申告で済ませることもできますが、控除額は13万円で、個人事業主になるメリットは全くありません。雑所得の申告と変わりません。

 

私の場合、将来の株式会社設立を目指しているので、複式簿記の勉強を兼ねて、青色申告を選択しました。控除額は65万円です。

帳簿付けが大変ですが、今は専用のソフトウェアがあり、情報もネットにあふれています。たった一人の城でも、経営者になるつもりなら複式簿記の基礎は必須です。  

やよいの青色申告 14 新消費税対応版

やよいの青色申告 14 新消費税対応版

 

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です