読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サラリーマン兼業個人事業主をはじめました------>株式会社設立を目指して!!

個人事業主の開業届けをだして、サラリーマンのまま兼業個人事業主になった。試行錯誤を続け、株式会社設立を目指します。

はじめてエプソンのプリンタを買った(PX-049A) 年賀状印刷には後部(リア)給紙が絶対いい

この三年ほど、立て続けに近親の不幸があって、家族を含めて誰も年賀状を出すことがなかったのだが、今度の正月に久方ぶりに年賀状を出せることになった。

だが、その三年の間に年賀状印刷専用に使っていたキャノンのプリンタが壊れたーーわけではなくて、10年以上壊れもせず利用できたのだが、電気店に行ったら、そのプリンタ用のインクタンクが製造中止になっていて、印字できなくなったことを知った。いつ購入したのか思い出せないくらいだが、(この三年間使用していないとはいへ)14年は経っているはずなので、十分元は取れたと言える。

それで、この数日プリンタを物色していたのだが、私の予算内では、年賀状専用(時々A4印刷する)に適当なプリンタがほとんど見当たらなかった。ずっとキャノンを買ってきたのだが、キャノンを含めて、ほとんどのプリンタが前面給紙のカセット式ばかりで、後部(リア)から給紙できても1枚ずつ手差しで、後部給紙で複数枚を連続印刷できるものは、エプソンのPX-049AかPX-045Aくらいしかなかった。

実は、個人事業の事務所にブラザーの複合機があって、それで試しに使用済みの古い年賀状でテスト印刷してみたのだが、前面給紙のカセットから内部ではがきを急反転しているため、連続で印刷すると、数枚で紙送りができなかったり、印字がずれたりした。つまり、年賀状の印刷失敗が大量に発生するということで、買いなおしの損失が馬鹿にならない。

それで、はじめてエプソン製のプリンタを買うことにしたのだが、PX-045Aは2012年の発売で、来年当たり製造中止になる恐れがあり、できればまた10年くらい使いたいので、今年の9月に新発売したPX-049Aを購入した。税込みで1万7百円弱だった。スキャンとコピーができるようになったが、私にはオマケみたいなものだが、お得と言えばお得な感じ。

 

USBケーブルが付属していないが、Wifi無線LAN印刷ができる。

後部から給紙だと、まっすぐ正面に紙送りするので、硬い年賀状の紙質に印刷するときは、やはり安心だ。

それと、前に使用していたキャノンのプリンタは、ブラックとカラーの2インクタンク方式で、カラー3色の1色でもなくなると、(内部の3色の混交がどうなっているのか知らないが)もったいないと思いながら、他の2色が残っていてもインクタンクを変えなければならなかった。(しかも3色一体なので価格も高い!!)PX-049Aは4色がそれぞれ独立したインクタンクなので、ランニングコストも良くなると思う。

Wifiの接続も簡単だったと言いたい所だが、私は昔、自宅サーバーとか仕事場からのリモート接続とか、自宅のルーターの設定を細部までカスタマイズしてしまっているので、設定をそれにあわせるのに少しだけ苦労した。(と言っても、ルーター側のIPアドレス関係の設定とMACアドレスの登録とかだが)普通の接続ならWPSで一発なのだろう。

ちなみに、ルーターは、細かいところまで自分で設定することができるNEC製のAtermをずっと愛用している。バッファロとかアイ・オー・データのルータだと、設定できる項目にかなりの制限があるから嫌いだ。

 

 年賀状ソフトは、ずっと使っている”筆まめ”を三年ぶりにバージョンアップ版を買ってアップグレードした。 

 これで準備万端。来月までに文面を作成して、家族の分も年賀状を印刷できるようになった。

エプソンのプリンタも良さそうだし、やっぱり年賀状には後部からの給紙が絶対にいいと思った。

 

 

やよいの青色申告が17にバージョンアップした

毎年のことながら、やよいの青色申告が17にバージョンアップした。

私は年会費を払って”あんしん保守サポート”に加入しているので、オンラインアップデートでバージョンアップした。”弥生マイポータル”のデザインが変わっただけで、変わり映えがしなかった。

法律改正もなかったようだし、細かい仕様がかわったのだろう。 

やよいの青色申告 17 通常版 <消費税法改正対応>

やよいの青色申告 17 通常版 <消費税法改正対応>

 

 

みつも郎10で、アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外

昨夜、以前パソコンを清掃したことのある電材卸の有限会社の人から電話があった。

有限会社といっても、実質は個人商店で、みつも郎が動かなくなったので見て欲しいと言われた。

 

そのパソコンに入っていたのは、「みつも郎10」という見積もりソフトで、他のソフトやインターネット接続は正常にできていた。

みつも郎10を起動すると、以下のようなエラーメッセージが表示されていた、

***

アプリケーションのコンポーネントで、ハンドルされていない例外が発生しました。[続行]をクリックすると、アプリケーションはこのエラーを無視し、続行しようとします。

[終了]をクリックすると、アプリケーションは直ちに終了します。

***

 

[続行]をクリックすると、ウィンドウが表示されずにタスクバーにアイコンだけが表示され、何も作業できなかった。「ウィンドウを終了」させると、終了はできた。

それで、またみつも郎10を起動して、エラーメッセージのところで、[終了]をクリックすると、「終了処理中」というメッセージを表示したまま、止まってしまった。

 

.NETからみかSQLserver2008関連のエラーのように思ったが、その日に突然発生したということで、全く対処しようがなかった。

(新しいソフトをインストールしたとか、WindowsUpdateもしていないとのこと)

 

どちらにしろ、設定ファイルがおかしくなったか、プログラムの問題だろうと思って、再インストールすることにした。しかし、みつも郎のパッケージがないということで、それもできなかった。(インストール時にプロダクトIDが必要。失くしたのか、誰かから借りたのかは訊かなかった)

 新しく買うとしたら、現在は「みつも郎15」になっていて、三万円以上する。

Amazonを見ると、かなり安くはなっていた) 

みつも郎15

みつも郎15

 

 

なんとかならないか、と言われて、考え込んでいたら、ふと思いついた。

みつも郎10の起動の時に、ログイン画面が表示され、ユーザー名とパスワードを聞いてくるのだが、そこに、「画面初期化」のチェック項目があった。通常はチェックがはずれているのだが、ダメもとで、画面初期化にチェックを入れてログインした。

すると、あっけなく、みつも郎10の画面が表示された。

ただし、画面設定が初期化されたので、書式などもクリアされてしまっていた。印刷された見積書などをみながら、設定し直して、元に戻すことができた。

 

障害の発生原因は不明だが、.NET関連の、みつも郎10のバグのように思った。

おそらく、意図せず、みつも郎の書式設定か画面設定を変更してしまって、プログラムが対処できなかったのだろう。

 

何にしろ、おおごとにならなくてよかった。

 

「サラリーマン兼業個人事業主をはじめました」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムであるAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です